代表挨拶 – 丸協運輸株式会社
  1. HOME
  2. 会社紹介
  3. 代表挨拶

ABOUT

会社紹介

GREETING

代表挨拶

「同価同向」~同じ価値を共有して同じ方向へ進む。〜
長年伝わる当社の社訓です。

当社丸協運輸は昭和48年4月(1973年)に地元長野県東御市(旧東部町)の野菜輸送を発端に運送事業をスタートしました。
創業まで遡りますと昭和37年、約60年という社歴になります。
設立から約半世紀という時代の流れの中、長野県東信地域並びに北信地域の千曲市圏内で生産される生鮮青果物、花卉輸送を主力とし現在に至ります。

「食を運ぶ!」というプライド…

トラックドライバー不足、車両不足が深刻化している昨今、特に特殊流通ともいえる生鮮青果物輸送はなお深刻さが増しています。
1990年中旬以降、インターネット時代が到来しグローバル社会が形成されていく過程で、私達を取り巻く環境は予想をはるかに超え、物の売買はバーチャル空間で行なわれ、通貨でさえ電子化される時代となり、IT、AI(人工知能)が欠かせないものなっています。
このように様々なことが急速かつ複雑に変化する世の中。一歩先を見通すことはかなり難しいことだと思います。
ただ、ひとつだけ確かなことは、今後どのような時代が訪れたとしても、人が存在する限り物流も必ず存在するという事実です。
人間社会にかかせない「衣・食・住」。もっと言えば「食」が無ければ「衣」も「住」もないのでしょう。
当社はこれからも「食」を運んで参ります。

お客様のためにできること…

私はお客様を大切にし、お客様の幸せを願っています。
そのために私は、それ以上に全社員とそのご家族を大切にし、皆が幸せになることを望んでいます。
それは働きがいとやる気の出る元気な職場環境作りが、社員の働き方に反映され、結果お客様の利益と信頼、幸せにつながるものだと信じているからです。

「One for all, All for one」~スポーツのラグビーなどでよく使われる言葉です。
翻訳すると「一人はみんなのために、みんなは一つの目的のために!」となります。
ピッチ上では年齢、容姿、性格が異なる個性的なプレーヤー達が、それぞれの役割を発揮し、一つのゴールという目的に向かって突き進んでいきます。
私は企業活動においても同じことが言えると思います。
全社一となり互いに力し合って目的に向かって突き進む…企業の一番の財産と力量とは、正に人の輪であると信じています。

地域社会に愛され支持される企業を目指して…

当社のシンボルマークは幸せを運ぶとされるコウノトリ。
当社はこれからも全国各地の食卓に並ぶ「食」とお客様の笑顔、社員の幸せを運んでまいります。

代表取締役社長 小林 明徹