生鮮青果物・花卉輸送 | 丸協運輸株式会社

FRESH TRANSPORT

生鮮青果物・花卉輸送

地元の農業がもっと元気になることを願って、
丸協運輸は今日も走ります。

わたしたちがおもに運んでいるのは野菜や果実などの生鮮青果物と花卉(かき)つまり花。これは創立以来つづけている事業です。ご存知のように東信州地域は、土地が豊かで天候にも恵まれており、むかしから農業が盛んで、美味しい野菜や果物の一大産地でした。その特産物を全国の市場に届ける運送会社は必要不可欠だったわけですが、生鮮青果物を輸送するのは思いのほか大変。
丸協運輸ができた頃は、まだ機械化されておらず、ほとんどが手作業。箱もいまのような段ボールではなく木箱の時代で、重労働を強いられます。しかも、農繁期は猫の手も借りたいぐらい忙しく、農閑期は猫と添い寝をするぐらいしかないほど暇。商売としては季節のギャップが大きすぎました。

それでも、先代たちは地元農業の発展に寄与するべく、“同価同向”(どうかどうこう:みんなが同じ価値をもって同じ方向に突き進む)を合言葉に精を出したのです。
その甲斐あって、いまの丸協運輸があるのですが、飛躍的に楽になったわけではありません。機械のチカラを借りたとしても、手間暇のかけ方は以前と同様で、積み込み・運行・荷降ろしという手順は変化することはないのです。
ただ、変わっていないのは仕事に対する姿勢も同じ、“同価同向”の考え方は確実に生きています。
わたしたちは全社一丸になって苦楽を共にしながら、安全・確実・親切・丁寧に生鮮青果物を長野から全国にお届けしているのです。